実質剛健

MILLETはミレットでは無いですょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

mont-bell 1103163

モンベル/U. L. ウインドジャケット


素材:ナイロン100%(ポルカテックス)

・U. L.とは・・・ウルトラライトの略で、ウインドジャケットとしては多分最軽量。
 軽さもさることながら、Ballistic AirlightとPolkatexと言う2大特徴を備えて
 います。

Ballistic Airlight・・・極細の15デニールバリスティックナイロンを使用。
 薄さは、 雲母、ミルフィーユ、たまねぎの薄皮、の様な薄さです。
 柔らかさはナイロンですので、ご心配なくっ。そして、少しなら伸び
 ますょ。
Polkatex・・・高い撥油性・耐摩耗性を備え、世界トップクラスの撥水性を
 実現した撥水加工です。洗濯100回以上にも耐えうる超々耐久撥水性
 生地です。

※撥水or防水・・・外部からの水分をシャットアウトする性能が「防水性」です。
 生地表面で水を弾く「撥水性」と混同されがちですが、「防水性」は水分を
 生地の裏側に通過させない性能のことで、たとえば濡れた場所に長時間
 座っていても浸水圧力に耐えて内部を濡らさないことを言います。

・ザックを背負いながら、ポンチョの様に、その上に着るため”サイズL”を
 購入いたしました。
 現行品(デザインはこっちがgood)と相当悩んだのですが、着比べてみて
 ビックリ!同じメーカー、同じ商品(コチラは前年度品)なのですが、コチラの
 方がゆったり目でした。
 スタッフに聞くと最近のは小さめにデザインされてるそうです。

家に有るウインドジャケットと比べて見ましたグレーのはサイズS
 ブラックはサイズLそれぞれ身幅4~3cm×2程違います。着丈は
 ほぼ同じ、袖丈は1cm長いだけでした。

<感想>
サイズL 重量70g
※現行品(2007)も良いですが、シンプルな
 デザインも良いですねっ。

スタッフバック付き!これに収納すれば携帯しやすさup。
 押しつぶせばマダマダ小さくなりますwww.
※耐久性だけが一番の心配です。

★モントベル公式サイトはこちら
【“mont-bell 1103163”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

mont-bell 1108363

モントベル/シャーミス アジャスタブル ネックゲーター


素材:ポリエステル100%(CHAMEECE)

・暖冬とは言え毎日寒い日々が続きます。
毎年この時期には風邪を引くのですが、今年は
これで防いでる様で、快適です。

・生地的には薄いのですが、伸縮性も良く大変
素肌にフィットしますので、暖かいです。

・調整紐の範囲が後ろ半分だけなので、顔に
当たる部分に力が掛からず、痛くありません。

<感想>

※マフラーも良いですが、必要最小限&軽量という点
でも快適です。


※マスクと同じ効果が有る様で、外気の乾燥から
 喉を守るようです。


★モントベル公式サイトはこちら


【“mont-bell 1108363”の続きを読む】
このページのトップへ

MARMOT MJK-6068

マーモット/アーバンドライクライムジップシャツBLG
0160912.jpg


素材:ポリエステル100%(DriClime)

・高い吸汗速乾性を誇る、マーモットのオリジナル素材
「ドライクライムメッシュ」を使用したジップシャツ 。

・肌面の水分を生地の内部から外部に放出しつつ、冷たさを
感じさせない様な保温効果も期待できる素材と有ります。

・脇からサイドに掛けてメッシュの一枚生地と
 袖口のメッシュ地がデザインのポイントと
 なっています。

バックのデザインはフロントと同じくグリーンの
 パイピングが味を出しています。

・素材的にもストレッチなので運動には適してると
 思われます。

<感想>
・SIZE:L

サイズがL寸の割りに小さい感じがします。
ナイキのM寸と比べると、身幅がほぼ同じで
着丈や袖丈が少し大きいくらいです。
まぁ対応身長が168cm~178cmという事ですから
許容範囲内かと。


☆MARMOT公式サイトはこちら


【“MARMOT MJK-6068”の続きを読む】
このページのトップへ

クール?な、バンダナ。

結構この季節になると熱中症防止などの名目で、
いろいろなクールギヤーが売り出されます。


<<今回は、水の気化熱を利用し"冷え冷え感"
 を味わう、2タイプの商品をインプレします>>

※市販されている商品の大まかな特徴 は、薄いスポンジに
 水分を含ませるタイプと、もうひとつは高分子ポリマーに
 水分を吸収させるタイプに2分されている事です。


A,薄いスポンジ&ナイロン系メッシュ帯
・このタイプは総じて軽量である。だがそれ故に、激しい
 運動の時はズレ易く、密着させないと冷たく感じないの
 だが、これまた緩みやすい。
・乾きやすい。これは"冷え冷えな感じ"の継続時間を保てる
 時間が短くなるのですが、逆に気化熱は奪われやすくなる
 その為、冷たい感じは、そこそこ味わえる事が出来る。

B,高分子ポリマー&綿50ナイロン50布地
・このタイプは含ませる水分量も多く、水を含ませ過ぎると
 重い感じがする。特に首に巻いて使用する場合、肩こり
 が感じられ易い人には不向きだろう。
 頭に巻く場合は、重さの為、きつく縛らなければ、ずれる
 ので圧迫感が感じられる。特にこの場合、激しい運動
 を持続させるのは、無理のようであると感じた。
・乾きにくい。晴れた日に外に干していても、完全に乾く
 には3~4日掛かるようだ。この間濡れている訳で、
 どうも衛生上不安が残る。
・問題の冷え冷え感だが、大気が熱い場合、これの本体が
 温くなり、冷え冷え感が薄れる。確かに本体は水分を
 多量に含んでいるのだが、気化しにくい素材のため、
 計算したようには、気化熱を奪えないのだろう。

<総評>
一言で言えば”どっちもドッチ”で
気持ちよく”冷え冷え感”が味わえない。
価格も安いが!期待は、しないほうが良いと感じた。


でも、どうしても試したい場合はタイプAをお勧めする。
【“クール?な、バンダナ。”の続きを読む】
このページのトップへ

Karrimor HYDRO-LITE7

カリマーハイドロライト7(2001,1モデル)
0260718.jpg


素材:420dのナイロンダイアモンドリップ(銀色部分)と
   600dのポリエステルスパン(水色部分)を採用。

※ハイドレーションに特化したヒップバッグです。
両サイドにボトルポケットとジッパーポケットを装備。
フロント部分にはバンジーコードがデザインされ
メインコンパートメントのジッパーは防水性の高い止水ジッパーを
採用してます。
なお、メーンコンパートメントの内部にはハイドレーションに
対応したウォーターバッグ用のポケット、メッシュのジッパー
ポケットをも装備しています。
体に当たる所はメッシュ素材で、可也良いパッドが付いてる為
重さが軽減されます。

・容量が7Lと言うことで、結構物が入りますねぇ。
付属のボトルも500mlX2本なので気持ち的にも余裕です。
内部にもハイドレーションパックを装備出来るんですから
なお安心ですなぁ~。
ただ、このヒップバックを装備すると、リュックは干渉する為
同時には背負えません。

<感想>
サイズ25X22X10cm 容量/7L

天下のカリマーですょ。これだけで嬉しいかもっ。
それが、なんと!


【“Karrimor HYDRO-LITE7”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

☆よろしくっ!

ripstop

Author:ripstop
FC2ブログへようこそ!

☆こんにちわぁ~♪ripstopです。
 とにかく明るく楽しくをモット~に
 気軽なblogのお付き合いを・・・
 お手柔らかに。

内容*成分

◎使ってみた感想その他色々を、
 自分の解釈で、つづります。

ripstop

Author:ripstop
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。